企業の実務に役立つ書籍やソフトウェアの通販サイト|NJ DIRECT

商品一覧

  • 達人シリーズ
  • CCS税務・経営シミュレーション
  • エプソンR4シリーズ
 
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
定休日 | 土日祝日、夏季・
年末年始休日
営業時間| 09:00〜17:00
  • 企業実務ONLINE
 

民法(債権法)改正に伴う 契約実務の注意点 2019年9月

製造元 : エヌ・ジェイ・ハイ・テック
価格 : 円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
弊社月刊誌を定期講読の方は読者価格

選択
価格
読者価格

税込5,500円以上で配送料無料

カートに入れる

商品詳細

セミナー概要

2017年に成立した改正民法の施行が、いよいよ来年4月に迫っています。 120年ぶりの改正となる今回、法定利率や保証に関してなど、企業活動に影響を与える内容も多く、自社に影響のある部分をしっかり把握しておくことは不可欠です。
本セミナーでは、とくに中小企業の契約実務に影響のある改正点について、事例に基づいて掘り下げて解説するとともに、現行の契約書をどう見直せばよいのか、また、今後の契約実務をどう進めていくべきなのか、わかりやすく解説します。

セミナーレポート

内容:総務・法務担当者

  • 民法改正の全体像
  • 契約実務に広く影響のある重要論点
    ・保証
    ・債権譲渡
    ・売買契約 ほか
  • 契約書見直しのポイント
  • 今後の契約実務への影響
  • 経過措置 など

講師:植松勉氏 【弁護士】

民間企業勤務を経て、平成8年に弁護士登録。平成25年11月より日比谷T&Y法律事務所にパートナーとして参加。会社運営全般(会社法中心)から労働基準法や労働契約法、株主総会運営指導など広く取り扱っている。講演、執筆も多数。

収録時間:2時間50分05秒

下記の事項を必ずお読みのうえ、お申し込みください。

お支払いと送品について
  1. お申込みが確認でき次第、弊社よりご連絡させていただき商品を送付いたします。お手元には、通常4〜7日前後のお届けとなります。
    お代金は、請求書を送付いたしますので、ご指定の決済方法にてお支払いください。
  2. 価格には消費税が含まれております。
  3. お客様都合による返品はお受けできませんのでご了承ください。

※こちらの商品は、決済に「代金引換」はご利用いただけません。
注文画面での決済方法は「代金引換」以外をご選択ください。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません